まずはここから!機械式時計の手入れに関する基礎の基礎


機械式時計は日々使う必要がある

高級品としても人気がある機械式時計。可能な限り綺麗に大事に使いたいと思うのが人情ですが、機械式時計は使った方が結果壊れにくいと言えます。機械式時計の各部品には潤滑油が塗られていますが、新品の状態で使わないと、各部品に潤滑油が行き渡りません。それどころか固化して故障の原因となってしまうこともあります。保管をするにしても購入直後3ヶ月程度は使うようにし、オーバーホールに出した後も同様に使用して潤滑油を行き渡らせるようにしましょう。

機械式時計に禁物なものとは…?

昨今の機械式時計は性能に合わせて、堅牢性も向上してきています。しかし、本質的に機械式時計がデリケートであるという点に変わりはありません。どれだけ防水性が高いモデルであろうともリューズを起こした状態であれば簡単に内部に浸水するため、やはり水の近くで使用することは避けましょう。また強い衝撃がかかる行為や、磁気を帯びた物に近づけることもしないようにしておかなければなりません。性能への過信が故障を招くということを、しっかりと認識しておきましょう。

日々の使用で注意しておくべき点とは?

その他、機械式時計を扱うに当たって注意しておかなければならない点は、いくつかあります。例えばカレンダー機能が付いているモデルについて、日付け送りを午後9時前後から次の人の午前3時前後まではしないようにしましょう。この時間、機械式時計内部ではカレンダーを送る歯車が噛み合わさって日付けを送る準備を整えているため、手動で送ってしまうと歯車に大きな負担がかかってしまうためです。とにかく機械式時計の使用に際しては、慎重になり過ぎる程度でちょうど良いと言えるでしょう。

ウブロの腕時計を購入したいときには、正規販売店を利用することです。そうすれば偽物を購入せずに済みます。